むち打ちと低髄液圧症候群


「低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)」は、普段は脳と脊髄が脳脊髄液に満たされて浮かんでいる閉鎖空間のような状態になっている脳脊髄腔が何らかの原因によって穴があき、脳脊髄液が漏れ出して減少し、脳脊髄腔内の髄液圧力が低下しておこる状態のことをいいます。頭痛や吐き気、乱視状態や耳の聞こえにくさ、首の痛さやめまい、視野狭窄などさまざまな症状が現れることが明らかになっています。これまでは、その原因として手術やケガなどが考えられていました。しかし、近年、追突などの交通事故に遭った人の多くがその症状として訴えることの多いむち打ち損傷を原因として脳脊髄腔に穴があき、脳脊髄液が漏れだすことがわかってきました。

むち打ち症の急性期を過ぎて、激しい痛みはないもののなかなか治癒ができない慢性難治期に、頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、難聴や動悸、などの症状が続く場合には、低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)が原因のむち打ち症状であると診断がなされるようになったため、賠償金請求の場面でも低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の発祥の有無が争われるようになっています。

このように、後遺障害を適切に診断して等級認定をされることによって賠償金額に大きな差が出てくることを理解したうえで、後遺障害の等級認定の申請、加害者との示談、訴訟などに早くから弁護士と相談して進めていくことが大切であると言えるでしょう。

推奨サイト-弁護士法人アディーレ法律事務所
└後遺障害について説明している法律事務所のサイトです。