後遺障害の種類


後遺障害にはさまざまな種類があり、全てをしっかりと把握することは専門家でも難しいとされています。しかし、交通事故の被害者となって後遺障害を負ってしまった場合には、その後の人生設計のためにも、後遺障害の種類や程度によって適切な賠償金の請求をしなくてはなりません。特に重度の後遺障害の場合には、賠償金額に大きな差がでてしまうこともあるため、交通事故被害を専門に取り扱う弁護士に相談するのが一番いい方法であるといえるでしょう。

後遺障害の代表的な症状にもさまざまなものがあります。追突事故などで多い「むち打ち(頸部捻挫)」もそのひとつです。症状を訴える人が最も多い後遺障害でありながら、従前はレントゲンなどでも発見しにくいものとされていました。近年では、MRIやCTなどの精密検査によって特定できることもあり、局部に頑固な神経症状を残すものが12級13号、局部に神経症状を残すものが14級9号などと定められています。重篤な後遺障害としては、意識がなく発語や身体を動かすことなどができない「遷延性意識障害」、感情のコントロールや計算、記憶の障害などのさまざまな症状を示す「高次脳機能障害」、部位によって頚髄、胸髄、腰髄、仙髄、尾髄などに区分される「脊髄損傷」などがあげられます。