後遺障害認定の要件


交通事故の被害者となり、後遺障害が現存する状態となった場合、加害者に損害賠償請求をすることができますが、そのためには、後遺障害等級認定の申請を行って認定されなければなりません。後遺障害の認定要件には大きく分けて4つあります。後遺障害等級認定の申請は、事故後6ヵ月経過してから申請するのが一般的となっています。治療期間が極端に短い場合は自賠責保険の調査事務所が治癒の見込みがあるとして認定ができない場合が多くるため、少なくとも整形外科などへの通院歴が6ヵ月以上あることが要件のひとつとなります。6ヵ月以上の通院機関があっても、その間に4週間以上の通院中断があったら要件を満たさないものとしてみなされることがあります。

実際には障害がないのに保険金詐欺を目的として認定を受けようとする場合もあります。そのため、自覚症状を訴えるだけでなく、それを裏付ける画像などの所見があることが要件のひとつになっています。レントゲンやMRI画像を見れば骨折などの異常がいつぐらいに起きたものか目途を付けることができるとともに障害の詳細について理解することができます。また、自覚症状を裏付ける神経学的所見があることも要件のひとつとなっています。レントゲンやMRIなどの画像所見に異常が認められなくても、神経学的所見に異常が認められれば、後遺障害等級認定の可能性があるといえるのです。神経の異常やそれに伴う筋力低下などについて神経学的テストを行って障害の有無、存在箇所を特定して判断することができます。